療養型病棟のご案内

療養型病棟について

療養型病棟とは

一般病床での治療により病状が安定してきて、日常生活の自立を目指しながらも、更に治療の継続が必要な患者様が入院されるための病床です。

患者様が一日も早く、もとの生活を取り戻し、家庭復帰できるための環境を調整したり、他施設へ看護・介護を継続させるためにつくられています。

又一般病棟とは一味違い家庭的な温かい雰囲気で患者様に快適な入院生活を提供する場でもあります。

当院のスタッフはいつも笑顔で明るく接し、患者様とのコミュニケーション、スキンシップを大切にしています。

療養病棟の概要(当院4階・5階 50床)

主な施設
  ・個室
  ・2人部屋〜4人部屋
  ・食堂
  ・浴室

担当医
  ・黒岩 雅哉 (内科) 群馬大学

スタッフ
  ・看護職員 入院患者様25人につき1人以上
  ・看護補助者 入院患者様25人につき1人以上

療養病棟の入院期間

入院期間は原則として3〜6ヶ月間となりますが医師の指示により変更することがあります。
・退院については医師の指示により決定されます。
・病状が変わり治療が必要なときは、一般病棟に転棟し治療を行うこともあります。

療養病棟の入院費用

・当院の療養病棟はすべて医療療養病床となりますので、費用については医療保険の適用となります。
 ・おむつ代、予防接種費用など保険適用外の費用をご負担いただく場合があります。

療養病棟の生活

病室、トイレ、廊下は一般病棟よりゆったりとしており、日々の生活にゆとりをもって快適な生活が送れるよう配慮しております。広い食堂では食事はもちろん、皆様が楽しい一時を過ごせるよう看護職員による季節の行事やレクリエーション活動も行う予定です。

病棟見学・入院のご相談

窓口担当:ソーシャルワーカー 安藤/福島  ※まずはお気軽にご相談ください